ニキビの正体

みなさんは、ニキビができるといやな気持ちになると思いますが、実際にニキビの正体をご存知でしょうか? 実はニキビにきびは、正式には「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」という病名がついているもので、思春期のころから発生しやすくなるもの。過去に一度もニキビができたことがない、という方はほとんどありえないことだと思います。
ニキビは大事なお顔の見た目を悪くするだけでなく、その痛みも嫌なものですよね。とてもよくわかります。だからこそ、多くの方がニキビケアに熱心になるのです。
通常、ニキビは成人を過ぎたころから徐々に減少し、30代をすぎてくるとあまりできなくなるもの。ところが最近では「大人ニキビ」といわれる、30代以上の方にもできるニキビが増えてきているのが特長。これはメイクのほか、現代人を悩ます原因のひとつ「ストレス」が大きく関わっているともいわれています。不規則な生活なども原因となりますので、ニキビに悩まれている方は、できるだけストレスをこまめに発散し、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。ひどくなった場合は、エステティックサロンに相談するのも◎。