常に胃に何かを入れておくという事

食事制限ダイエットを行っていた時に、集中力が低下してミスが増えてしまいました。主なミスとして上司の指示が頭に入ってこなかかったために、自分に振られた仕事を忘れてしまって取引先にご迷惑をかけてしまうことがありました。日々の仕事の集中力が欠けてしまってミスを繰り返し、さらにそのことがストレスになって余裕がなくなってしまうという負のスパイラルに陥りました。

毎日の食事の量は変えずに、できるだけ分けて食べるようにしました。自分の職場は休憩時間が各自で好きな時にとれるようなシステムなので、おなかがすいたタイミングで持ってきたおにぎりを休憩時間中に食べていました。おにぎりも2口ぐらいで食べられるようなサイズのものを作っておいて、気軽に食べられるように工夫しました。前は常にぼーっと仕事をしていたのですが、少し食べるだけでぼーっとしていた頭がすっきりとしてリセットされ、仕事のミスがなくなりました。

食事制限のダイエットは簡単に実行できますが、集中力が続かなくなってしまうなどデメリットも大きいです。等間隔で食事をとることで改善の余地があります。普段の食事にひと手間加えることが長続きする秘訣だと思います。頑張っていきましょう。

PR|心とカラダのトータルエステ「アーム」|

カテゴリー: ダイエット パーマリンク